topimage

2024-02

*CNBLUE イ・ジョンシン「流れ星」で弁護士役を演じる“1番悩んだのはヘアスタイル” - 2022.07.17 Sun


2022-07-17c.jpg
写真=FNCエンターテインメント

CNBLUEのイ・ジョンシンが、
すべての面で完璧な芸能事務所の顧問弁護士役を務め、
より深くなった演技を披露した。

イ・ジョンシンは最近韓国で放送が終了したtvNの金土ドラマ「流れ星」
(脚本:チェ・ヨンス、演出:イ・スヒョン)で、優れたビジュアルと洗練されたスタイル、
早くて正確な仕事ができるスターフォースエンターテインメントの
顧問弁護士、ト・スヒョク役を演じた。

最近行われたNewsenとのインタビューでイ・ジョンシンは
「昨年9月から今年の4月まで、一度も顔をしかめることなく、
とても楽しく撮影しました。みんなが良いエネルギーを持って撮影した『流れ星』が
多くの方にエネルギーと笑いを届けた作品として記憶されたら嬉しいです」とし
「個人的には、除隊してミニシリーズドラマで挨拶したのが久しぶりだったんです。
上手くできたのかはよく分からないですが、
個人的には後悔することなく撮影できました」と放送終了の感想を伝えた。

イ・ジョンシンはト・スヒョクというキャラクターの魅力について、
オ・ハンビョル(イ・ソンギョン)、チョ・ギプム(Girl's Day ソジン)、
コン・テソン(キム・ヨンデ)の3人とそれぞれ異なる演技を引き出すことができる点ことを挙げた。
彼は「ト・スヒョクというキャラクターは猫みたいだと思いました。
ハンビョルには一途でストレートだったけど、
テソンとはごたごたするブロマンス(男同士の友情)、
ギプムとは大人の恋愛を見せることに焦点を合わせて撮影しました」と説明した。

2022-07-17cn.jpg
現実の世界で30代の芸能事務所の顧問弁護士を探すのは難しかったという
イ・ジョンシンは、作家がプレゼントしてくれた本と台本を読みながら
ト・スヒョクというキャラクターを作っていった。
彼は「顧問弁護士というキャラクターですが、
法律的な部分が詳しく出てくる感じではないので、スヒョクが3人の人物と描くロマンス、
ブロマンスを上手く演じようと思いました。
3人のキャラクターに会う度に、新しい感じでやってみたいと思いました」と伝えた。

弁護士役のため、スタイリングにも気を配った。
ヘアスタイルを最も悩んだというイ・ジョンシンは
「僕にできるヘアスタイルはあまり多くありません。
最も重要なのは、キャラクターに合うスタイリングでなければならないということでした。
一番似合うオールバックにして、眼鏡もかけてみました。
2人のスタイリストと相談しながら準備しましたが、
2人がすごくよくやってくれました」と伝えた。

劇中でト・スヒョクを代弁する修飾語は「ヤング&リーチ」「トール&ハンサム」だ。
それだけすべての面において完璧なキャラクターだ。
修飾語について質問するとイ・ジョンシンは
「ト・スヒョクは代々法曹業界に携わってきた家の人間です。
兄が検事で、母は法学科の教授です。本体である僕はただのトール(tall)です。
もうヤング(young)ではないですし、リーチ(rich)でもないです」と言って笑った。

「流れ星」は、スターたちの陰で彼らを輝かせるため血、汗、涙を流す人々の
リアルな現場を描くラブコメディだ。
マネージャー、PRチーム、記者など、芸能界の最前線にいる人々の熾烈な生存記を描いた。

10年以上芸能界にいるイ・ジョンシンにも多くの意味があった。
イ・ジョンシンは
「現実と違うところはスヒョクのような30代の顧問弁護士が
僕の周りにはいなかったということです。
ドラマなので、テソンが経験することがスペクタクルに描かれているけれど、
芸能人として共感できる部分もありました」とし
「芸能人は顔も知らない人が好きになってくれたり、
逆に嫌いになることもあるじゃないですか。
コン・テソンがいろいろと誤解されてしまうことは
『ありえる』と思いました」と話した。

2022-07-17cnb.jpg
また「誤解のために傷ついた瞬間も絶対にあったと思うけれど、
大きな問題なくここまで来たと思います。
時々SNSに僕の名前を入れて検索してコメントを見ても、あまり傷ついたりはしません。
例えば『この人、どんどんビジュアルが落ちてる』と書かれていても、
何とも思わないようにしています」とし「傷つかないように母がケアしてくれます。
家族に支えられて耐えていますし、自尊心も持っているので。もちろん、
悪い言葉を言われるとみんな気分が悪くなると思うけれど、
これまで活動してきて大きく揺れたことはなかったです」とつけ加えた。

イ・ジョンシンは「流れ星」を通じて
視聴者に自身が演技をまたやっていることを知らせたかったという。
彼は「この作品を上手くやり遂げたいと思いました。20代の僕を見ると、
とても未熟だったと思います。
幼い感じの僕が嫌で、20代の時は早く30代になりたかったんです」とし
「30代になったら身体的には老けたかもしれないけれど、
20代の時よりも今が好きです」と満足した。

30代になってすべてのことにおいてより
心から取り組むようになったというイ・ジョンシンは、
多くの人々に良い姿を見せたいと伝えた。
彼は「上手くやりたいの『上手く』には多くの意味が入っていると思います。
最初の作品からすでに10年くらい過ぎましたが、俳優としては未熟だったと思います。
俳優として様々な姿を見せたいという気持ちがどんどん大きくなっています。
『流れ星』を通じて『あの人役者だね』というのを広めて、
引き続き素敵な作品に出演していきたいです」と伝えた。

元記事配信日時 : 2022年06月12日00時01分 記者 : イ・ハナ



**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*


*クリックをお願いしますね~^^* 人気ブログランキング


韓国ドラマランキング

スポンサーサイト



*CNBLUE イ・ジョンシン、新ドラマ「流れ星」に出演決定…イ・ソンギョン&キム・ヨンデと共演* - 2021.09.17 Fri


   2021-09-17cn.jpg

写真=Newsen DB

CNBLUEのイ・ジョンシンが「流れ星」に合流する。

所属事務所FNCエンターテインメントは9月15日、Newsenとの取材に対し
「イ・ジョンシンが『流れ星』に主演として出演する」と明かした。

「流れ星」というタイトルは“星の糞を片付けるいろんな人々”の話を描くという意味を持ち、
スターケアの第一線にいるマネジメント広報チーム長のオ・ハンビョルと
彼女の天敵で完璧なトップスターのコン・テソンの愛憎いっぱいのラブコメディを描く。

主人公としてイ・ソンギョン、キム・ヨンデが出演を確定した中、
イ・ジョンシンとの共演に期待が集まっている。

「流れ星」は9月末にクランクインする。
元記事配信日時 : 2021年09月15日11時56分 記者 : パク・スイン



**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*


*クリックをお願いしますね~^^* 人気ブログランキング


韓国ドラマランキング

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

*ようこそ~(*'-'*)*

**nabana**

Author:**nabana**
****************

韓国への旅や
韓国のドラマを通して
初めて知った
韓国の街や言葉~
韓国を身近に感じています(*'-'*)

**nabana**菜花~^^*

*新しい記事φ(。。;)*

  • *流れ星
by AlphaWolfy

*category~*

*rankingに参加しています*

*クリックをお願いします*

FC2Blog Ranking



韓国ドラマランキング

*links~訪ねてくださいね~*

このブログをリンクに追加する

*来てくださった方ありがとう*

*お気軽にまた来てくださいね*

*QRコード*

QRコード

**nabana**へのメール*

*ご連絡等どうぞφ(。。;)*

名前:
メール:
件名:
本文:

*検索フォーム*